×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



世界の子どもたちの幸せを守るチャリティーコンサート
01.12.14  ON AIR OSAKA

まずはじめに・・・

ある朝、某新聞の朝刊に載っていた「アフガン難民救済チャリティーコンサートの開催告知」を発見した事から始まります・・・。


なんでチャリティーコンサートに行く気になったのか?
動機は単純、一つはチャリティーCDにB'zの松本さんが絡んでいたこと。
二つには、拠点が大阪だということでした。
このチャリティーは、もともとは歌手の桑名正博さんと西城秀樹さんが発起人(?)で、CDのレコーディングも大阪で行われていました。
いかにも不純でしょ?下心アリアリ(笑)
でも結果から言うと松本さんは実際にはステージに登場しませんでした。
でも楽しかったの!感動したの!
だからここにレポとして書いておこうと思います♪
まず会場は、大阪梅田駅からそう離れていないビルの地階にあります。
って、先日スパヒロライブで来たばっかりの会場です。
何となく自分と近い年代の、桑名さんか西条さんのファンと思われる人たちがちらほら。子供連れも見られます。関係者っぽい人も。
でもBさんのマネージャーはいないようでした(^^;

さて、開場時間に会場に入ると、大きな紙バッグを手渡されました。
中には絵本(東ちづるさん著)、フォトフレーム(アップリカ)、お菓子♪(グリコ)、携帯カイロ(金鳥)、そして問題のCDが入っていました。これ込みでライブ3000円は安い!(笑)
入っていた品物でお分かりのように、関西の企業中心に、何社かが無償で賛同してくださったようなのでした。

前回ここにきた時はオールスタンディングだったのでかなりの人が入っていましたがこの日はパイプ椅子が設置してあり、4〜500人分ぐらいしかなかったと思います。そのなかの一人だったんだわ私・・・。



さて開演になるとそう広くないステージにスクリーンが下りてきて、アフガンの子供たちが映し出されます。
改めてここで説明しますね。
もともとドイツに「国際平和村」という紛争地域や危機に瀕した地域の子どもたちを守るべくしてできた施設があるんです。そこの運営は全てチャリティーでまかなわれているのです。
今回、アメリカで起こったテロ事件、それによるアフガンの悲惨な状況。そんな中で傷ついた子供たちを救いたい、というチャリティーなのです。

そのあと桑名さん登場。次いで事務局長のアップリカ・葛西社長 と、実行委員長・金鳥の上山社長を招き入れます。
葛西氏は「全世界の人間を100人で例えると、なんと70人が文字を読めず、50人が栄養失調で1人は瀕死の状態で、1人はまさに今産まれようとしています。恵まれた私たちのような人種の方がはるかに少数です。」と挨拶で話し出されました。
普段私たちがすっかり忘れていること、いや思っていても戸惑って目をそらしていつまでたっても向き合うのを避けていたのかもしれない部分を、スパッと指摘されたような気がしました。
『テロ』『戦争 』と言う過激な部分を大人は取り上げて大騒ぎするけれど、子供たちにとっては変わりなく毎日がやってくるわけです。
いつもと変わりなく安全な日々が過ごせる私たちのほうが希少価値なんですよね・・・。すごく考えさせられました。

間に挟まれた東ちづるさんからのVTRメッセージも強烈でした。
「子供たちに、『頑張れ』と言わないで下さい。」
頑張るのは子供たちじゃない、戦争をしていない国の大人なんだ。
子供たちを自国に帰らせてあげたい。子供たちに普段の生活を。
実際に現地の状況を見て来た人ならではの言葉です・・・。

そして秀樹登場!桑名さんと西城さんはとても仲良しで・・・なんと同年デビューだとか!年齢はちょっと桑名さんのほうが上だけれど、30年の付き合いだそうです。オヤジギャグ飛ばしながら肩の凝らない楽しいコンサートの始まりです。
西「もう30年来の付き合いだもんねえ」
桑「そうやね。せやけど秀樹はボクというものがありながら、子供が産まれるそうやないの(笑)」
西「いや、キミの事は忘れないよ(爆笑)」

西「2人は共通点も多いんだよね」
桑「30年前は見た目も似てたんやけどな〜(と自分の腹をさする)」
こんな笑えるライブって一体・・・(笑)


後半は思いっきり桑名、西城両氏の歌を堪能♪
「哀愁トゥナイト」「情熱の嵐」「YMCA」などなど。
YMCAでは秀樹自ら振り指導あり♪みなさん、「C」の時右に傾いてませんでした?ホントは左なんだって。
桑名さんなんか「衣装がきつめの皮スーツやから、手を上げたら腹が出るんや・・・(笑)」
まあ昔よりはだいぶふくよかにおなりですけどね、歌う姿はステキでしたよ♪
なにしろ昔の歌はもう体が覚えてるからすごく盛り上がりました。
そしてそして桑名晴子、美勇児も参加してチャリティーの曲を歌い、大コーラスで終了。時間的には短かったけどすごく気持ちのいいステージを見せてもらいました。帰りのロビーで販売していたCDを、妹用に一枚(微力ですが)買いました。

最後に一言。
桑名バンドのギタリストが、なんと知る人ぞ知る、芳野藤丸さんだったのだ〜〜〜!
あの、藤丸バンドの!SHOGUNの藤丸さんです!!「俺たちは天使だ!」ですぅぅ〜♪えへへ♪ギタリスト好きにはたまりません。
そう言えば昔、秀樹のサポメンやってただったっけ。
あ、知らない人にはすみませんでした<(_ _)>そして秀樹登場!桑名さんと西城さんはとても仲良しで・・・なんと同年デビューだとか!年齢はちょっと桑名さんのほうが上だけれど、30年の付き合いだそうです。オヤジギャグ飛ばしながら肩の凝らない楽しいコンサートの始まりです。
西「もう30年来の付き合いだもんねえ」
桑「そうやね。せやけど秀樹はボクというものがありながら、子供が産まれるそうやないの(笑)」
西「いや、キミの事は忘れないよ(爆笑)」

西「2人は共通点も多いんだよね」
桑「30年前は見た目も似てたんやけどな〜(と自分の腹をさする)」
こんな笑えるライブって一体・・・(笑)


後半は思いっきり桑名、西城両氏の歌を堪能♪
「哀愁トゥナイト」「情熱の嵐」「YMCA」などなど。
YMCAでは秀樹自ら振り指導あり♪みなさん、「C」の時右に傾いてませんでした?ホントは左なんだって。
桑名さんなんか「衣装がきつめの皮スーツやから、手を上げたら腹が出るんや・・・(笑)」
まあ昔よりはだいぶふくよかにおなりですけどね、歌う姿はステキでしたよ♪
なにしろ昔の歌はもう体が覚えてるからすごく盛り上がりました。
そしてそして桑名晴子、美勇児も参加してチャリティーの曲を歌い、大コーラスで終了。時間的には短かったけどすごく気持ちのいいステージを見せてもらいました。帰りのロビーで販売していたCDを、妹用に一枚(微力ですが)買いました。

最後に一言。
桑名バンドのギタリストが、なんと知る人ぞ知る、芳野藤丸さんだったのだ〜〜〜!
あの、藤丸バンドの!SHOGUNの藤丸さんです!!「俺たちは天使だ!」ですぅぅ〜♪えへへ♪ギタリスト好きにはたまりません。
そう言えば昔、秀樹のサポメンやってただったっけ。
あ、知らない人にはすみませんでした<(_ _)>