×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ユーミン acaciaツアー
(2001.08.10 大阪城ホール)

ここ数年、夫婦でユーミンのコンサートに参加しております。
もともとは主人がユーミンファンで、ピアノバーに行った時など
必ず『海を見ていた午後』をリクエストするんですよ〜(^^;
というわけで今年も…


前回の「FROZENROSES」ツアーは、題名からも分かるとおり
ちょっとシャープで大人っぽい(?)イメージでした。
今年はセンターステージだと聞いていたのでスタンド席を取ったんだけど
どうなんだろう??正面席ってどっちなんだろう?
いろいろわからないなりに会場に入ると…
うん♪これこそまさにセンターにステージ!(まんまやん(笑))
アリーナの中央部にほぼ円形のステージがデ〜〜ンと鎮座しております。
スタンドで正解です♪♪♪


さてさて。
曲目はハッキリ言ってあまり覚えていませんが
全体的に…最初から『海』がテーマかな?と思いました。
まず会場の客電が落ちると意味ありげな音楽が流れ、会場全体にゆらゆらとした
ライティングが映し出されます。これだけでもう海の底みたいな気分。
円形のステージを取り囲むように立っている柱にも照明が付いていて
移動しながらいろんな方向に光を放ちます。う〜む幻想的。
1曲目は「7 TRUTHS 7LIES」、なんとユーミンティアラ付き黒っぽいドレス!
ドレスとブーツではユーミンにかなう人はいませんヨまったく!!
そのあともタタタ〜っと数曲歌って、そのたびに衣装が早替わり。
このマメなサービス具合はさすがです。

途中の演出としては−−−

まずアンプラグド。
構成はアンプラグド責任者:中川さん、さおオヤジ1号:市川さん、さおオヤジ3号:田中さん、
コーラス補強要員:今井クン。ユーミンったら「さおって言うのはギターのネックのことで…」と
くりかえし説明してたのがかわいかった(^^)
「acacia」「幸せになるために」でしっとりステキなハモリ。
さすがこのへんは年期といいますかね。

「瞳はどしゃ降り」ではコーラス、ユーミンともビニールの色違いレインコート&傘。
雨に歌えばみたいな感じです。
その曲が終わるとステージの上からスルスルッとカーテン状の布が下りてきました。
円形のステージを覆い隠してしまう形。
何する気だ?ワクワク。
するとカーテンの内側から照明が当たり、ユーミンのシルエットが浮かび上がります。
歌は「SAVE OUR SHIP」シルエットのまま歌い終わるとそのまま
ウワサの…ユーミン生着替え♪
(実は私は思わずB'zの「FIREBALLツアー」思い出しちゃったんですけど…)
この生着替えでどうやら宇宙服のようなものに着替えます。
ヘルメット(?)もつけ終わるとふわふわ宇宙遊泳のように漂ったりします。
ステージが円形なので見る角度によってシルエットも違うんだよね。
しかしこの宇宙遊泳がちょっと長くて…中だるみだったかなあ〜(^_^;)

ここでスルスルカーテンが上がると
なんとユーミンはドレス姿でピアノに座っており、弾き語りし始めます。
…いったいシルエットのどこまでが本人だったんだろう??
ここでは「ひこうき雲」をやったのがちょっと驚き。でも嬉しかったりして。

全体としては…どうだったんだろう?
主人は「ちょっと物足りない」としきりに漏らしておりましたが。
私はパーカッションの女性(名前すぐ忘れちゃう)がカッコよくてくぎ付け♪
あ、ギターの市川氏ももちろんステキでした。
それにしても良かったなあ、センターステージ…。