×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

RIKA'z Room

B'z
その他

SHOWCASE 2007 -19-
・zepp大阪(7/2)

-CIRCLE OF ROCK ('05)
京都会館(5/20)
・神戸ワールド(6/22)
大阪ドーム(9/16,18,19

-
都響コラボwith松本孝弘('04)

-The Final Pleasure"IT'S SHOWTIME!!"('03)
     &
-B'z LIVE-GYM 2003
It's SHOWCASE!!(新木場)

‐GREEN〜
GO★FIGHT★WIN〜('02)

日比谷野音(10/5)
FIFA公式ライブ(6/27)

-ELEVEN-('01)
Show Case-コブシヲニギレ(zepp大阪)
広島
・神戸
大阪

-pleasure2000
juice- ('00)
奈良


-Brotherhood-'99
・京都extra
-
-spirit LOOSE('96)
大阪

-Pleasure'95  BUZZ!-
・大阪

-Pleasure'95  BUZZ!-
・(大阪)

-The 9th Blues-

-RUN-('93)
大阪

-Pleasure'92 -TIME-
大阪

-IN THE LIFE-('92)
大阪

-Pleasure'91
京都


===========
2006
-Char〜Amano-Jack

-松永貴志〜無機質オレンジ

-
吉井和哉〜My Foolish Heart

2003

-TMN〜tribute
2002
-AEROSMITH〜JUST PUSH PLAY

2001
-ユーミン acaciaツアー

-Char
-bamboo joint-


-スーパーヒーロー魂(スピリッツ)2001

-水木一郎solo

-GLAY DOMETOUR "ONE LOVE"

-宇都宮隆 -LOVE ICE-

-世界の子どもたちの幸せを守るチャリティーコンサート

-----------------------
Live-Gym.com
B'z PARTY OFFICIAL WEB SITE
B'z Official Website
------------------------
home > B'zライブレポート > '03SHOWCASE・新木場

"IT's SHOWCASE!!"2003
東京・新木場/STUDIO COAST
(2003.6.26)
セットリストはココ

part1・入場前
お友達Kちゃんのお陰で、超難関SHOWCASE参加とあいなりまして。
去年の日比谷に続き私はなんと運の強い優しい人に囲まれてるの、と涙ちょちょ切れ胸ドキドキ。
前夜はタイガースの試合見て翌日の家族のカレーライス作ったらとっとと早寝しちゃいました♪

当日の朝も妙にスッキリ目覚めてお弁当作りもウキウキ(笑)
そして"ぷらっとこだま"でいざ東京に〜〜〜。
こだまの車中で「限定Tシャツ売ってるみたいよ」とメールが入り
さらにワクワク気分が盛り上がってきます。

東京着が午後3時過ぎ、ホテルにチェックインして準備整えて
駅近くの喫茶で集まっていた仲間たちに顔見せして
すぐ会場にTシャツ買いに。
駅から5分ほどの会場に着いたのが4時半ごろ。
見たところおしゃれな倉庫(笑)みたいな外観です。
人はそこそこいたけれど、グッズに並んでいる人はいなくて
余裕で友達に頼まれた分も含め購入。
ついでに会場の写真を新しいケータイで撮っていると
会場スタッフさんが整理番号を呼び始めた。
喫茶の友達に連絡してからほどなく会場正面に誘導され
「後ほど整理番号順に並んでいただきますので、このフィールド内に居てください」
と言われ、先にコインロッカーに荷物をあずけたり、友にメールしたりして時間を待ちました。

で、いよいよ入場開始。
まあ私たちは年齢のこともあって無理に前には行くまいよと
余裕のある振りしながら番号順に入場。
私たちは最初、前からややまっちゃん寄り20列ぐらいだったかな。
それから全部の入場が終わるまで約一時間。
立ちっぱなしで待つってのも結構しんどいもんです。
時間がなかなか経ちません。
そのうちかなりの人口密度になり、肌も密着気味になってきた。
そして、ステージではスタッフが楽器などの準備を整え、
BGMの響く中、サウンドチェックの人が楽器を試し弾きした
そのとたん・・・・・


part2・入場後
そのうちかなりの人口密度になり、肌も密着気味になってきた。
そして、ステージではスタッフが楽器などの準備を整え、
BGMの響く中、サウンドチェックの人が楽器を試し弾きした
そのとたん・・・・・

後からものすごい力が押し寄せてきた!
後の人たちが、楽器の音で本人たちが登場したと思ったのか
ものすごい勢いで前に押し寄せてきたのだ。
そりゃあもう一部が騒ぎ出すと集団心理で
満員電車が急カーブ繰り返すみたいに前方に押しやられては後に引かれ
自分では足の置き場も無いぐらいなのに、嵐の中の木の葉みたいに
無理やり引きずり回される事態に陥った。
すでに連れのkeikoちゃんとは離れ離れ
私は流され波をかいくぐって右寄り10列目ぐらいに行ってしまってました。
まだ開演前なのに、メンバーも見えないうちから悲鳴が起こり倒れる人が出た。こりゃえらいことにならなきゃいいが
将棋倒しになったら惨事だぞ・・・・!
一階前方は揺られ揉まれるままに手も上げられない状態で
とうとう開演!
こんな状態だったので避難も出来ず、かなり近かったにもかかわらず最初の2曲はほとんど聴く状態ではありませんでした。

それを見るにみかねた松ちゃんの顔がだんだん険しくなり
ギター弾きながら客席見ながら叫び出し
とうとう前列を指差して怒り出した様子。
後で聞くところによると、前で倒れた女性がいて
それを会場スタッフに伝えたんだけどなかなか対応してくれず
松ちゃんが声を荒げてスタッフに喝入れたみたいですね。
ほんとに真剣に怒ってたみたい。
稲葉さんも「前のほう大変なことになってるから・・・下がりなさい!」
って、怒ってはいないがキッパリと注意してくれて
それでちょっとはみんな落ち着いたのかな。
徐々に嵐は収束しました。
その場にいた人はわかっただろうけど、本当に危険を感じましたから
ステージから見ててもコリャイカンって解ったんでしょう・・・。
で、女性が救助されたあと稲葉さんがまっちゃんの肩をポンポンって
叩いてなだめてたのがとても自然で、いい感じでした♪

さてお二人のいでたちは
髪型
稲葉さん/耳が出るぐらいサイドは短く、前は少し長めで横に流してある。黒髪に近い。
松ちゃん/伸びてた。後ろ髪も前髪も。パーマちょっと伸びかけたみたいな(^-^; 茶髪。

衣装
稲葉さん/黄色ノースリーブTシャツ。胸に「SKY ROCKS」の文字。
      柄は・・・扇形のカラフルな・・・(言葉で説明できない;;)
松ちゃん/黒地Vネックでノースリーブ。柄は、白くて小さい有翼ドクロがいっぱい(多分)
アンコールは揃って限定Tシャツ袖なしversionでした。
黒地に前は「It's SHOWCASE!!」バックは歌舞伎の隈取り柄に「東京」の文字。

サポートは増田さん(キーボード)、シェーン(ドラム)、徳永さん(ベース)だったんですが、徳ちゃんが痩せたのか髪型が変わったためか印象がとてもスッキリして若返ってたのでびっくり!
カッコよくなってたぞぉ〜〜〜♪

曲目はなにせSHOWCASE=公開リハーサルということで
客の反応みる目的も兼ねてるらしいからこの先変わるんでしょうが
意外だったのが一曲目。
だいたいみんな「It's showtime!!」で始まると思ってませんでした?
実は私も単純にそう思ってたんだけど
一曲目はご覧のとおり「LADY NAVIGATION」だった。

そしてFinal Pleasureの前哨戦なら「Pleasure’03」でも用意してるのかと思いきや
Pleasureは無し。実は用意してるのにこの日出さなかっただけかもしれないけどね( ̄m ̄〃)

曲として意外だったのが
「WonderfulOpporturnity」と「LOVE IS DEAD」「GIMME YOUR LOVE」
どれもすごく意外で、ひっさしぶりで、そしてノリました♪
多分オフィシャルでやった曲目アンケートで上位だったんだろうな。

エピソードとしては・・・
最初に書いたように、一曲目が始まっても一階前方は将棋倒し寸前で
見かねた稲葉さんが恒例の「ようこそ!」の前に
「ちょっと下がりなさい!」と促したんです。前のほうすごいことになってるからって。
その時の言い方がとても優しくてキッパリしてて
稲葉先生って感じ♪
会場は「は〜〜い!」といい返事や
「下がりたいけど下がれない〜!」とか、拍手が起きたりしてました。
「みんな社会人の自覚を持ってだねえ・・・」
「みんな!これくらい(手で幅を示して)後に下がって!ゆっくりゆっくり!」
「ヤバイ人はいない?」(会場から「ヤバイ〜!」「助けて〜!」)
「オレに助けてって言われても〜(笑)」
「え?携帯落としたって?・・・そりゃ最初に拾った人のものになると(笑)」
とかいった後でようやく
「あ、そろそろアレ言わないと・・・
B'zの・・・B'zの・・・・B'zのSHOWCASEにようこそ〜〜〜〜!!」
というように非常にしょっぱなから稲葉さん饒舌でした。めずらしく。
松ちゃんが怒ってたせいかな〜〜(^-^;

その稲葉さんの努力の甲斐あってか(笑)
まっちゃんのご機嫌も戻り、場内も殺到が落ち着き
私もそこそこ楽な位置をキープしつつバンバン曲は進んでいきました。
ただし、ご機嫌は直って笑顔バリバリになった松ちゃん
ギターちょこちょこ間違ってた・・・・カモ(^-^;

そして曲単位では
「EASY COME,EASY GO」での稲葉さんの「nanana〜」と客に歌わせる部分。
「さ、歌うか!」と一回歌わせてから
「あの〜、全部"ナナナ〜ナナナナ〜ナと
全部ナナナで歌ってる人いると思うんですが(笑)
 ナナナ〜の次はトゥルトゥトゥ〜なんで。
 そのトゥルトゥが一番重要だから♪」と指摘しておいて
「今日はハモるか〜」
と言いつつ、基本part、高音part、低音partを順に歌ってみせる。
低音の時には眉間に皺よせ暗い表情装って
「これホント悲しい曲みたい(笑)」
「それでもあえてこのpartをすすんでやりたい人〜
低音に異常なまでの自信を持ってる人」
で、いざ本番って言うとき稲葉さんが出だしとちって
「・・・ワタクシ今やってしまいました(笑)」
などとかなり楽しげなおしゃべりしてて
その時の松ちゃんもニヤニヤ(笑)笑顔見せどおしでした。

あと、「GIMME YOUR LOVE」の曲間、ラストが(後で判明したが)
ジミヘンの曲を織り交ぜてたらしいね。ふふ♪

「ZERO」では松ちゃん回転数間違えて稲葉さんとずれてた。
一年ぶりで忘れてたのか?公開リハだから
「オレ?やっちゃった?」てな苦笑でチャラなのか?(笑)

ときたま徳ちゃんと絡んだり並んだり耳打ちしたり
なかなか後半はリラックスムードでした。

なお、ラスト近くの「juice」「ultra soul」「It's showtime!!」3曲で
ただでも酸欠だった私は頭が臨界点を見た気がしました・・・・(汗)(汗)
ああ、生きて生還できてよかった・・・
もうこんな無茶はするまい。ホント無理するとプレジャーでなくなっちゃいますからねえ。

ふう。

でも今回、「大変な押し合いになっていた一階前方」を制するために
怒るでもなくうま〜く導いた稲さんには去年の日比谷に続きちょっとばかし感動でした。
そしてファンの危機を知らせるためにスタッフに声を荒げて
マジで怒ってた松ちゃん
彼の気持ちも伝わってきました。
彼はやはりボスだし、責任あるし、人の安全が優先だと(当然なんだけど)
思ってるから怒ったんだろうね。
やっぱりみんな、大人ならちょっと回りも見回して
人に迷惑かけてないか気にする余裕は欲しいね。
いくら私がノーテンキでもそれをぶっちぎるほどには壊れないぞ〜??

ということで、長々お付き合いありがとうございました。
さあ、これから夏がはじまるぞ。
It's showtimeだ〜〜〜♪